クレジットカードショッピングの限度額

クレジットカードのショッピングにも限度額があります。クレジットカードは個別に限度額が決められていて、同じクレジットカードでも10万円から100万円までといった範囲内で限度額が決められます。年会費の高いゴールドカードといったクレジットカードほど限度額は大きくなりますが、その分審査は厳しくなります。

法律によってもクレジットカードの限度額が規制されています。割賦販売法ではリボ払いや分割払いができる限度額が決められています。この限度額は一定の計算式によって決められますが、クレジットカードを新規に申込した時以外でも、増枠の申請をしたとき、クレジットカードの更新時でも限度額のチェックをしています。

そのため、クレジットカードの利用限度を上げようとして増枠の申請をした結果、クレジットカードが使えなくなってしまったという実例もあります。

この限度額を決めるときの基準は年収ですがキャッシングの限度額を決めるときとは違って、所得照明は必要ありません。クレジットカード申込書に帰さされた自己申告の年収が基準となります。クレジットカードの申込書を記入するときに、適当に記入しているとあとで大きな影響が出るので年収欄はきちんと記入しましょう。