クレジットカードキャッシングの限度額

クレジットカードのカードキャッシングは貸金業法によって規制されているので年収の1/3が限度額となります。ただしこれは他社を含めてすべての融資残高やキャッシング利用枠を含めての話です。そのためクレジットカードにキャッシング機能を付ける場合は、所得証明書が必要になることもあります。

クレジットカードのキャッシング限度額を決める場合、個人信用情報機関の情報で他社の融資利用残高やキャッシング限度額をすべてチェックされます。それが年収の1/3に達していれば、新規のクレジットカードにはキャッシング機能を付けることはできません。

キャッシングを利用しないという場合は最初からキャッシング限度額をゼロにして申込するといいでしょう。そうすれば審査も簡単になり通りやすくなります。最近では最初からキャッシング機能がないショッピング専用のクレジットカードも発行されているので、そうしたクレジットカードに申込するのも一つの方法です。

キャッシングの限度額には貸金業法という厳しい法律による規制があるので、クレジットカードのキャッシングを利用するのではなく、カードローンといったキャッシング専用カードを別に作るほうが効率的です。